Pocket

Sponsored Links

松嶋菜々子と玉木宏が2夜にわたって競演する『女の勲章』(フジテレビ、15日土曜、16日日曜 よる9時)が放送されましたね!『白い巨塔』や『花のれん』、『沈まぬ太陽』などを書いた山崎豊子原作、 脚本は、私の知人でもあり、伝説的なキムタクのフジテレビドラマ『ラブジェネレーション』や、映画『クローバー』、後に映画化もされた『大奥』を手掛けた浅野妙子さんでした。2人とも、人間や女性の心理描写がとてもうまく、期待しながら見ていました。

松嶋菜々子が、戦後、何もかも失ったところから、ファッションデザイナーとして這い上がっていく大庭式子を演じ、そんな式子に協力するチャラ男・八代銀四郎役を玉木宏が演じていましたね。

戦争で何もない中で、ミシン一台からファッションビジネスを起こして洋裁学校を設立し、やがてはファッションデザイナーとして活躍していくというサクセスストーリーかと思いきや、次々と試練が襲ってきて、ハラハラして先が読めない展開でしたね。関西ファッション業界のボス・関西デザイナー協会会長・安田兼子(浅野ゆう子)との女の戦いや、弟子として働く3人の女たち、津川倫子(ミムラ)、坪田かつ美(相武紗季)、大木富枝(木南晴夏)は、一見、忠実なようで、恋と仕事、両方のサクセスを狙い、式子と3人の女たちの確執もあり、やはり一番大きいのは、八代銀四郎(玉木宏)との恋愛・ビジネス両方における謎めいた関係でしたね。

あらすじだけでは朝ドラっぽい印象を受けますが、欲望がほとばしるドロドロ愛憎劇となっていましたね。最後の最後まで誰がどうなるのか予想がつかないサスペンス劇でもありましたね。まさか、式子があの長塚京三演じるフランス文学の教授を好きになって駆け落ちしようとするとは思いませんでしたし、最後の最後に、玉木宏に『借金を背負わされている』と聞いたショックもあって自殺するとも思いませんでしたね。そして、あの冷酷きわまりなチャラ男の八代銀四郎が、最後の最後に、式子のことを思って嗚咽するのも驚きでしたね。人間の欲望・感情の奥深さ、複雑さ、良心とは、恋愛感情とは等を考えさせるラスト30分ほどの展開でしたね

本当に、エンターテインメントの要素とドラマ性を兼ね備えた、見ごたえのあるストーリー展開だったと思います。

また、朝ドラ『あさが来た』(16年)の玉木宏の関西弁が、今回は、善人ではなく、完全に真逆のキャラクターとして、異常さを強調していて、それがまた今視聴者を魅了していましたね。

松嶋菜々子と玉木宏、またその他の女優たちのラブシーンも見ごたえがありました。

こんな豪華なドラマが、はたしてどんな視聴率を獲得するかですが、昨年、松嶋菜々子は、3年ぶりの主演ドラマだったフジテレビドラマ『営業部長 吉良奈津子』で平均視聴率7%台と大コケしてしまいましたね。
大物でもなかなか視聴率が取れないこのご時世なので、厳しいとは思いますが、広告代理店的な予想としては、今回、山崎豊子原作ということも考慮して、最低でも10%は超えてくると見ています。
おそらく、13%くらいなのではないでしょうか?
逆にいうと、これでコケてしまうと、松嶋菜々子が本当に女優としての価値がないというレッテルを貼られ、フジテレビドラマもますますブランド力が落ちることになると思います。

テレビ業界の1つの試金石となるこのドラマの視聴率、明日の月曜日の発表が楽しみですね。是非、期待しましょう!

Sponsored Links