Pocket

Sponsored Links

昨日も書かせていただいた松嶋菜々子主演のフジテレビドラマ『女の勲章』の視聴率は、
なんと、

第一夜が8・1%、第二夜は6・2%

だったということです。

はっきり言って、惨敗ですね・・・。

これだけ力を入れた2夜連続のドラマで、原作も脚本家も申し分ないのに、10%も取れなかったというのを見て、
私は、『あ、、、これはもう松嶋菜々子の時代は完全に終わった』と思ってしまいました。

もちろん、フジテレビ自体が最近は視聴率が悪いですし、さらに、月9をはじめとしたフジテレビのドラマがひどい状態ではあっても、
今回のような2夜連続の作品で、しかも、女性受けしそうなファッションの話、恋愛の話もあり、
それでも視聴率が取れなかったというのは、理解に苦しみます。

例えば、これが、松嶋菜々子ではなく、綾瀬はるかだったらどうだったでしょうか?
おそらく、視聴率は少なくとも10%は超えていたと思います。
やはり、松嶋菜々子では、もう視聴率が取れないというのはこれで明らかになりましたね。

それでは、松嶋菜々子の何が悪いのでしょうか?

これは、広告代理店の中でも話に上がることはあるのですが、
最近の松嶋菜々子は、急激に老けたように見えるということです。
これが、少しずつ老けてしまっているならまだ仕方ないと思うのですが、
その老化のスピードが早すぎると、観ている視聴者は、『あんなに魅力的で大好きだった松嶋菜々子が、こんなに老けているのを観たくない』
と現実から目をそむけたいというような心理にとらわれてしまうのです。

決して、今の松嶋菜々子が魅力がないわけではなく、年相応の美しさ、気品は兼ね備えているのですが、
絶頂期のとびきり綺麗だった可愛らしい松嶋菜々子を知っている30代~50代を中心とした視聴者からすると、がっかりしてしまうのも仕方がないのでしょう。

ただ、芸能人は、一回、老け込んだように見えても、時間がたつと、また若々しく戻ってくることもあります。

今回で松嶋菜々子が完全に終わったのではなく、また再度、オーラ全開となって、ドラマ主演に戻ってくることを期待しましょう!!

Sponsored Links