Pocket

Sponsored Links

 

秋篠宮家の長女・眞子さま(25)が、大学時代の同級生と婚約するとのニュースが、ちょうど先程、報道されましたね。

 

NHKの7時のニュースがトップで伝え、朝日・読売・産経などの新聞も一斉に伝えています。

 

宮内庁が公式に発表しているわけではないですし、宮内庁関係者への取材ということで、誰がどのように取材したのか不明ですが、秋篠宮ご夫妻は、眞子さまから男性を紹介され、交際を認められているということですし、全メディアが一斉に報道しているので、おそらく、身元の信頼おける関係者なのだとは思います。

 

そして、お相手は、5年前に国際基督教大学(ICU)の同級生として知り合って交際を続けていたという小室圭さん(三菱東京UFJ銀行の丸の内支店勤務後、現在は法律事務所に勤務しながら一橋大大学院で弁護士を目指して勉強中)ということですが、2010年に「海の王子」という藤沢観光協会の大使をやっていたイケメンということで、そのような少しミーハーな印象を与える人が皇族と結婚されるということに少し違和感を感じる人が多いのかもしれません。

 

この「海の王子」というものはそもそも何なのでしょうか?それをやっていた人から考えられる人物像を分析してみたいと思います。

 

また、そもそも、このあえて公式発表ではない理由は何かあるのでしょうか?

 

 

「海の王子」とはどんなもの?

 

 

 

簡単にいうと、海の女王は「ミス湘南江の島」、海の王子は「ミスター湘南江ノ島」ということになります。

 

藤沢観光協会が毎年やっているということですね。「海の女王」は1949年から続く長い歴史のあるコンテストのようで、「海の王子」は1996年から20年くらい続いているということです。

 

なかなか男性のコンテストというものは存在しないのでめずらしいですね(大学のミスター〇〇というのはありますが・・・)。

 

活動としては、藤沢市民まつりに出たり、7月1日の「海開き」でお披露目されたり、日本全国をまわってTV番組で藤沢のPRをしたり、いろいろな街でパンフレットを配ったり、WEB上で藤沢のPRをしたりというような活動のようで、予想以上に忙しそうですし、貴重な経験ができるようです。

 

コンテストの募集要項によると、応募資格は、「神奈川県、東京都に在住の、18歳以上(高校生は不可)の未婚女性、未婚男性で、入賞日から一年間、観光行事等に参加できる方」ということです。また、「湘南江の島のイメージにぴったりの健康的で明るく教養豊かな人を大募集します!!」という記載があり、このようなコンテストに選ばれている時点で、小室圭さんは爽やかで知的で魅力的な方なんだろうと想像が付きますね。がっちり体型とも言われているということで、もしかしたら、サーフィン等、本当に海のことが大好きなのかもしれませんね。

 
「海の王子」というと、少しミーハーで派手な印象を受けますが、高校までをインターナショナルスクールで過ごしていたということで、英語が堪能で、国際感覚のすぐれた人のようですし、現在働いている三菱UFJ銀行では、丸の内支店に初任で配属されていたということで、エースとしてかなり期待されている優秀で真面目な方なのだと思われます。今はすでに辞められていて、法律事務所で働きながら、一橋大学大学院で弁護士を目指して勉強中ということです。

 

 

公式発表にならない理由は?

 

 

今回、女性皇族のご婚約は、高円宮妃久子さまの次女・典子さん(28)以来3年ぶりということで、天皇の子や孫にあたる女性皇族「内親王」では、紀宮様つまり黒田清子さん(48)以来12年ぶりとなるということです。紀宮様は結婚されてもうそんなたつんですね。。都庁に勤務の黒田さんの純朴そうな雰囲気が印象に残ってる人も多いと思います。

宮内庁は黒田清子さんの例も参考に水面下で準備作業を進めているということで、整い次第、記者会見を通して、眞子さまの婚約内定を公式発表するということですね。結婚の時期は来年を想定しているということです。

 

ただ、皆さん、不思議に思うと思いますが、なぜ、あえて宮内庁は公式発表をせずに、「宮内庁関係者の取材でわかった」という形しているのでしょうか?

 

以前、2004年の12月に、天皇の娘である紀宮様(今は民間人なので黒田清子さん)が正式に婚約発表された際も、2004年11月に朝日新聞が婚約を報道して、その後、正式には発表されず、正式に発表となったのは1カ月後という流れでした。

 

理由としては、様々な自然災害がその時期にあったということで、正式な発表を避けたいという皇室の意向があったということです。

 

今回、あえて公式発表を避けるような大事件が現時点では起こっていないので、それは考えられないとすると、1つ、共通点として考えられるのは、民間人である「海の王子」こと小室圭さんの関係者への配慮で、正式な婚約発表まで、勤め先や家族などが精神的・物理的な準備をするためということが言えるのではと思います。また、まだ弁護士に受かっているわけではなく、一橋大学大学院で勉強中という不安定な身なので、正式に発表できないという事情があるのかもしれないですね。普通のご家庭だとしても、きちんと安定した仕事でないと結婚がOKにならないことが多いので、皇族なら尚更なのではないかと思います。

 

また、これはあくまで広告業界的な噂レベルですが、どこかの週刊誌(週刊文春など)がスクープするという情報があり、その前に早く新聞などで報道されたほうが良いという判断があったのではないかという話があります。

 

ただ、結果的に、眞子様が今月31日から6月8日までの日程でブータンを公式訪問し、4日にブータンで開かれる「花の博覧会」などに出席することになっていたので、これらの舞台が盛り上がることは確実です。

 

最近、北朝鮮問題や森友問題など、さえない話題が多い中で、皇室に明るい話題があるということは、皇室にとっても日本国民全体にとっても良いことだと思いますし、是非、「佳子さまブーム」がひと段落した中での「眞子さまブーム」がしばらく続くことを期待しましょう!!

 

Sponsored Links