Pocket

Sponsored Links

 

錦織圭選手(27)の全仏オープンでのラケット叩きつけが話題になっていますね。

 

ふだんは大人しい誠実なイメージの錦織圭なので、今回のようなニュースは非常に驚きです。

 

松岡修造も、「良くないですね。錦織選手らしくない」と番組内でコメントし、スポーツ界のご意見番の張本勲氏も「この人よくやるよ、世界的な選手ですよ。子供が見ているよ。世界に笑われますよ」とコメントしていましたね。

 

あのタイガーウッズも、よくミスショットをした後に、自分のイライラを抑えることができず、ドライバーを思いっきり叩きつけることがよくありました。

 

普通に考えれば、誰がどう見ても、そのような行為は気持ちの良いものではありませんが、テニスのトッププレーヤーでも、あのフェデラーもジョコビッチもテニスラケットを叩きつけていたことがあります。

 

はたして、今回のラケット叩きつけは、今後の錦織選手にどのような影響があるのでしょうか?

 

 



 

ラケットを叩きつける常習犯?

 

 

錦織選手は、実は過去にも同じようなことをしています。

 

今年2月のリオ・オープンでも、世界ランク76位のトマス・ベルッチ(ブラジル)と1回戦で対戦して、第1セットを4-6でベルッチに取られた直後に錦織選手がラケットを豪快に叩きつけて真ん中から折ってしまう破壊行為がありました。結局、第2セットも3-6でベルッチに取られてストレートで敗れたという試合でした。

この時の映像もYouTube等で見ることができますが、今回の全仏オープンの時に比べても、非常にイライラしているように見えて、力いっぱい叩きつけており、暴力性の強さを感じます。

 

また、2015年2月のメキシコ・オープンでも試合中にラケットを投げ、観客からブーイングを浴びておりました。

 

その際にも、中継した「GAORA」の解説者の佐藤武文氏(44)は、ラケットを投げる行為について、「どんな理由であれ「絶対容認できない」とコメントしていました。

 

結局のところ、このような行為を何回やっても結局は辞めることができないし、辞めるつもりもないようです。

 

 

好きなスポーツ選手ランキング1位から暴落?

 

 

 

錦織選手は、以前も書いたように、こだわりが強い半面、非常に繊細でイライラしやすいという関係者の話があります。そして、少し体が痛かったり調子が悪いだけで、スポンサーの事情も考えずに、大会の途中で棄権してしまうということが今までも何回もあります。

 

途中で棄権したり、ラケットを叩きつけるというのは、スポンサーにとっては非常に痛手となり、錦織選手を起用することに対して不安に思っている企業も多いと予想されます。

 

それは、せっかくいろいろなイベントや企画を準備していたとしても、錦織選手の動向が読めないことで、すべてが無駄になってしまう可能性があるからです。

 

つまり、ふだんのインタビューや会見などを見ていると、誠実で大人しそうに見えますが、実はカ―ッとなりやすく、自己中心的な面があると言えます。

 

調子がいい時は良い成績を上げるものの、少し体が痛かったり調子が悪いと、それが気になって成績もなかなか上がらず、さらにイライラが募ってしまうようです。

 

錦織圭選手は、長年付き合ってきた結婚寸前と言われた彼女と別れ、すぐに派手なモデルと付き合ったりと、女性に対しての貪欲な姿も見られます。

 

もちろん、タイガーウッズのようなSEX依存症ということはないと思いますが、ラケットを叩きつける攻撃的な姿を見ていると、女性に対しても同じような振る舞いをしているのではないかという予想もしてしまいます。

 

 

大事にするべき道具を乱暴に扱う(すぐに買い替える)=恋人(奥さん)を大事にしない

 

 

と心理学的にはよく言われます。

 

錦織圭選手は、好きなスポーツ選手ランキングで常に1~2位に位置するほどの超スーパースターとなっており、マスコミも、その錦織選手を敵に回すような記事は書かないように抑えてきたと思います。そうでないと、様々なインタビューや番組などに出演してくれなくなってしまうからです。

 

ただ、このようなラケット叩きつけ事件のようなことが起こると、世の中の論調が、錦織選手に対して批判的になってきて、人気が下降し始めると、マスコミもその流れに乗って、錦織選手のネガティブな報道をし始める可能性があります。

 

例えば、週刊文春も、錦織選手の女性スキャンダルやお金にまつわるネタを書けば売れるというのはわかっているので、様々な取材をしているのは間違いないと思いますし、そのネタをつかんでいた場合、今か今かとタイミングを測っている可能性があります。

 

その時に、錦織選手は、世の中の批判をモノともせずに、良い結果を出し続けることができるでしょうか?

 

私は、繊細な錦織選手にとってはそれは難しいと考えています。そのまま、調子を崩してしまう可能性が高いと思います。

 

そして、スポンサーも、過去にいろいろと振り回されたことで手助けをしてくれることもなく、そのまま引退となってしまう可能性も出てきます。

 

途中棄権をしないこと、ラケットや道具を大事にすることは、とても小さいことのように感じますが、そのようなマジメな姿勢が、スポンサーがこれから錦織選手が困っている時にも支えてくれることになり、ファンも応援し続けてくれることにつながるということを、錦織選手はもっと自覚する必要があるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Links