Pocket

Sponsored Links

 

 

巨人の小林誠司(28)捕手の評価が急落していますね。

 

WBC(ワールドベースボールクラシック)では大活躍して、準決勝までの7試合でスタメン、打率もチーム最高の4割5分を記録して、あの野村克也元監督(81)からも『久しぶりに見る名捕手』と言われただけに、この評価の急落ぶりには驚きますね。

 

ふだんはあまり野球を観ない女性たちも、小林誠司捕手の活躍ぶりと甘いマスクの虜になった人も多いと言われていましたが、それもすでに笑い話になりつつあるほどです。

 

ただ、たしかにWBCでは大活躍をしたものの、WBCのベストナイン入りは逃しているんですよね。

そう考えると、専門家の目から見ると、甘い部分が多かったのかもしれません。

 

ちなみに、WBCで活躍した選手は、調子を落としている選手がたくさんいます。例えば、横浜DeNAベイスターズの筒香選手、日本ハムの中田選手なども絶不調に陥っています。

 

そして、小林誠司捕手もヒドイ状況です。

 

今年のペナントレースの成績は6月13日現在で1割7分4厘ということで、ちょっと前までは規定打席に達している選手の中でワースト1の打率となっていました。

 

ついに今日現在では規定打席にも到達しなくなり、ワースト1から抜け出し、それもネットでは笑われています。

 

よくよく考えてみると、小林誠司捕手は、昨年も打率は2割4厘となっていて、規定打席に到達している選手の中でリーグ最低だったので、あまり驚くような話でもないとも言えます。

 

ただ、小林誠司捕手は、打率だけではなく、守備もヒドイという評判が最近目立っています。

 

例えば、『外に逃げる変化球に空振り多すぎる』『明らかなボールゾーンにミットを構える必要はない』『変化球を捕りそこねる』など、プロ野球選手としての基本的なことができていないとの解説者のコメントも目立ちます。

 

そんな中で、小林誠司捕手が巨人の正捕手としてこれからも育っていくことができるのでしょうか? 

 

 

すでに戦犯探し&クビ切りがスタート。

 

 

今年はあまりにも巨人の成績が悪く、すでに史上最低の13連敗の戦犯探し&クビ切りが始まっています。

 

やはり、ナベツネさんは怖いですね。。動きが早いです。

 

堤GMが責任を取って辞めることとなりましたが、このまま成績が低迷するようであれば、チーム内のテコ入れがシーズン中にあることは間違いありません。

 

もちろん、高橋由伸監督が今シーズン終了後に自ら辞任する可能性もありますが、その前に、少しでも何とかチーム状態を良くしておきたいとフロント側は考えているはずです。

 

一番のテコ入れは、リーグ最低の打率なのだとは思われますが、巨人は元々が打撃はあまり強いチームではなく、豊富な投手陣で勝ち続けてきたチームなので、やはり防御率がリーグ3位というところを何とか復活させようとしてくるのではないでしょうか?

 

他のチームも、決して捕手に恵まれているわけではないので、おそらく、捕手を補強するというのは今シーズンは難しいのではと予想されますが、少しでも計算ができる先発ローテーションに入れるピッチャーを補強したいと考えているはずです。

 

ただ、そのような良いピッチャーを補強するには、不調な打撃陣をさらに弱くするわけにも行かず、良い投手を出すわけにも行かないため、現時点で株が落ちてきている小林誠司捕手をトレード要員として放出するという可能性も出てきているのではないかと予想されます。

 

 

トレード相手は日本ハム斎藤佑樹?

 

 

 

まずは先発ローテーションの立て直しとして、先発陣が豊富と言われている日本ハムとの交渉があるのではないかと予想されます。

 

日本ハム側も、大田選手や公文投手など、巨人からトレードで獲得した選手がほとんど活躍していることを考えて、トレードには前向きだと言われています。

 

そして、日本ハムも、正捕手として確固たる地位を築いている捕手がいないため、将来性を考えての小林誠司捕手の獲得を狙っている可能性があります。

 

 

巨人としては、スター選手が不在と言われて久しいので、人気や話題性の高い斎藤佑樹投手を獲得したいと考えている可能性があります。

 

斎藤佑樹投手は、この交流戦の期間で活躍できるかできないかが人生の分かれ目と言われており、次の登板で好投できなかった場合、トレード要員となり、巨人との電撃トレードが成立するのではないかと予想しています。

 

小林誠司捕手と斎藤佑樹投手の電撃トレードがもし実現すれば、超人気者同士のトレードということで、プロ野球界にとっても非常に大きなニュースとなりますし、それぞれのチームにとっても良い結果をもたらす可能性が高いのではないかと思われます。

 

しばらく、この2選手の動きに注目したいですね!

 

 

★最後までお読みいただき、ありがとうございました。もしよろしければ、ブックマークに登録いただくか、リンクを貼っていただければ幸いです。

 

___________________________________

 

『斎藤佑樹』の関連記事はこちら ・・・

 

2軍好投の日本ハム斎藤佑樹の次回登板はオールスター前のオリックス戦?それがラストチャンスでトレードも?

 

日本ハム斎藤佑樹は広島に大炎上・・・。次回の登板は2軍?オールスター頃に巨人にトレード?

 

 

この記事が参考になりましたら

 

以下のボタンでシェアをお願いいたします!

 

Sponsored Links