Pocket

Sponsored Links

 

 

東京都議会選挙で、自民党が大敗しましたね。

 

それを受けて、小池都知事率いる『都民ファーストの会』が圧倒的な議席数を獲得しましたが、『都民ファーストの会』というのは、ある意味、キャッチコピーが良かったというだけで、たんなる『小池百合子の会』に過ぎません。

 

そもそも、都議会議員である以上、都民の利益・幸福のために様々なことをするのは当然ですし、それは、自民党でも民進党でも都民ファーストの会でも同じことです。

 

そんな中で、なぜ『都民ファーストの会』が圧勝してしまったのでしょうか?『都民ファーストの会だからこそできること』は、ありえるのでしょうか?そして、今回の自民党大敗で、安倍総理や自民党はどうなっていくのでしょうか?予想してみたいと思います。

 

 

『安倍やめろ』コールは、安倍総理の人間性に対するNO?

 

 

今回、なぜ『都民ファーストの会』が圧勝して、自民党が歴史的大敗したのでしょうか?

 

多くのメディアで言われていることですが、それは、『自民党安倍政治に対する不信感』が大きな要因です。

 

安倍首相による森友学園・加計学園の問題が一番大きいのですが、それに加えて、このタイミングでの豊田真由子議員による『パワハラ』稲田朋美防衛大臣による『失言』など、みんながあきれ返るようなことが頻発しています。

 

『パワハラ』、『失言』というのは、自民党にかぎらず、どんな政治家でもありえることなのですが、電通での高橋まつりさんの事件などもあり、『パワハラ』『セクハラ』に対する世間の目は一層厳しくなっています。

 

『働き方改革』を政府として掲げているのに、その根本的な部分である『パワハラ』を自民党でも当たり前のようにやっている時点で、国民は失望しているのではないでしょうか?

 

そして、そもそもの話として、安倍総理がまったく説明責任を果たさないことです。

 

もちろん、今回の問題は、安倍総理が何か裏金をもらっていたり、私利私欲のために何かをしたということではありません。

 

どちらかというと、『自分の身近な人の利益になることをしてあげた』ということですが、それはそれで、国民からすると『特権乱用』と感じて、安倍総理の人間性を疑ってしまっているのだと思います。

 

選挙演説中の『安倍やめろ』コールは、この象徴だと思われます。

 

どうせなら、安倍総理は、開き直って、

『自分の身近な人の利益になるようなことをして何が悪いのか?自分は国のためにこれだけ貢献しているのだから、少しくらい、身近な人の幸せにも貢献させてほしい。私利私欲のためでは決してない』

くらいのことを言いきってしまえば良かったのではないでしょうか?

 

 

日本人というのは、言い訳をされればされるほど、その人のことが嫌いになってしまう性質があります。

 

逆にいうと、あっさりと否を認めて、誠実に謝罪をする人に対しては、それに対してさらに追い打ちをかけるようなことはせずに、許してあげてしまうようなところがあります。

 

 

安倍総理は、すでに『平気で嘘がつける、恥知らずの、厚顔無恥な男』というレッテルを貼られつつあります。

 

こんな人が率いている自民党だからこそ、パワハラも起こり、失言も起こってしまうのだろうと国民は感じて、

『少しでも信頼のできそうな小池百合子の都民ファーストに投票しよう』

となっているのが、今回の都議会議員選挙の結果なのではないでしょうか?

 

 

安倍総理に対する風当たりは、この都議会選挙の流れを受けて、さらに強まってくると予想されます。

 

日本全国に『自民党の独裁政治をくつがえすことができるんだ』というムードが出てきています。

 

これで、安倍総理は、その波に呑まれて、近いうち、退陣に追い込まれる可能性が出てきたのではないでしょうか?

 

 

 

都民ファーストの会の強みは小池百合子のメディア戦略?

 

 

安倍総理の自民党がひどすぎるからと言って、都民ファーストの会が素晴らしいと言えるのでしょうか?

 

もちろん、『自民党にNOを叩きつけた人の受け皿』が『都民ファーストの会』だと言われていて、それ以外の強みはほとんどなく、むしろ、まだ政治経験もない素人集団だとも言われています。

 

1つだけ、強みがあるとすれば、

『小池百合子によるメディア戦略』

だと思われます。

 

小池百合子は、元々がキャスターだったこともあり、どのような対応をすればメディアは好意的に取り上げてくれるのか、叩かれてしまうのかを理解しています。

 

メディアに対しては、しっかりと、わかりやすく、できることできないことを伝えること、そして、できないことの理由も明確に伝えること。

 

これだけでも、今できていない自民党との差は大きいと思われます。

 

将来的に、都民ファーストの会が、東京都を物理的に大きく改革することはできないと思いますが、少なくとも、しっかりと説明責任を果たすという姿勢を持ち続けることで、国民の政治に対する気持ちを前向きにすること、これこそが、都民ファーストの会そして小池百合子ができる唯一の大きな改革と言えるのではないでしょうか?

 

安倍政権をひっくり返すきっかけを作った選挙として、今回の都議会選挙が歴史に残る可能性があります。

 

今後の流れに注目していきたいと思います。

 

この記事が参考になりましたら

 

以下のボタンでシェアをお願いいたします!

Sponsored Links