Pocket

Sponsored Links

 

SPEEDの今井絵理子(33)参議院議員の不倫現場が週刊新潮でスクープされましたね。

 

それにしても、聴覚障害のある息子を育てるシングルマザーとして、苦労しながらの子育てをアピールして参議院議員に当選した今井絵理子が、まさかの不倫ということで、怒っている有権者も多いのではないでしょうか?

 

ただ、そもそも、政治家としての力量があるわけもなく、そんな人が政治家になっているのだから、これくらいの不祥事は起きて当然だったと思われます。

 

今井絵理子はそもそもなぜ政治家になれたのでしょうか?そして、なぜ政治家はこのような不祥事が多いのでしょうか?

 

 

そもそも政治家になったことが間違い?

 

 

自民党の公認で、参院選の比例区で立候補して、2016年7月に参議院議員に当選。

 
そもそも、今井絵理子は、175RのボーカルのSHOGOと2004年にできちゃった結婚して2007年に離婚しました。
 
その子供が耳に障害(高度感音性難聴)があることを告白して、その子育ての苦労がきっかけで、障害のある子供に対して、良い環境づくりをしたいということで、社会活動をすることを決意したとの話があります。
 
そして、日本はまだまだ障害者との接点が少なくて、障害者に対する差別や偏見が多いということで、政治家になれば、障害児と健常児を分けない教育により取り組めるようになると思って政治家を志したということです。障害を抱える息子を持つ一人の母親としての頑張りに共感してくれる有権者のおかげで、比例区という形ではあるものの、当選することができたということです。
 
 
ただ、この政治家を志した理由は、たんなる『お金』目的だと言われています。

 

半同棲している婚約者の男性は、元風俗店経営者で、未成年に接客させた風営法および児童福祉法違反容疑で那覇署に逮捕されたり、ヤミ金を経営していたり、風俗店が違法なヤミ風俗だったことなどが続々と伝えられています。

 

そして、莫大な借金や暴力団との関係も噂されており、まともな人物ではまったくないようです。

 

そんな今井絵理子自身も、池上彰の番組で、沖縄の基地移転問題について、まったくコメントができず、『当選したのでこれから勉強していきます』と話をしていたことも批判を浴びています。

 

正直といえば正直ですが、、、あまりにも政治に興味がなかったというのがバレバレですね。

 

SPEEDの島袋寛子と出したCDがまったく売れなかったというのが政治家に転身した理由と言われており、なんとか政治家になることで安定的な収入を得たいというのが真相なのではないでしょうか?

 

そして、自民党が、なんとしても参議院議員で知名度のある人を出馬させて当選させたかったので、今井絵理子の出馬の意向に合ったのではないでしょうか?

 

 

不倫相手の橋本健は元歯医者。

 

 

お相手の橋本健(37)氏は神戸の市議会議員ということですが、高校時代の同級生と結婚し、1男1女のお父さんということです。

趣味は、ピアノ・車・ゴルフ(初心者で100を切れない)ということですが、イケメン議員として有名だったようで、モテモテだったのかもしれないですね。

 

学生時代に学習塾を開いて、高校生に大学受験の指導をしていたことが、教育行政への疑問につながり、市議会議員を目指すことになったということです。

 

ただ、この橋本健は、大阪大学の歯学部を卒業していて、地元の歯医者で働いた後の転身で、政治の世界とはまったくかけ離れた出身です。

地元の歯医者に居候しながら働いていたので、収入は厳しかった可能性があります。

 

今井絵理子も「歌手」からの転身ですし、お互いに『お金』の話など、苦労話などをしながら、意気投合したのかもしれません。

 

いずれにしても、現時点ではお互いに不倫を否定していますが、これからどのような報道がされていくのか、要注目ですね。

 

 

この記事が参考になりましたら

 

以下のボタンでシェアをお願いいたします!

 

Sponsored Links