Pocket

Sponsored Links

 

 

週刊文春が、またまた不倫報道を出しましたね。

 

今度は、雨上がり決死隊・宮迫博之(47)の複数の女性との不倫疑惑です。

 

1人は、小山ひかる(26)という京都府出身のファッションモデルで、女子4人組のダンスヴォーカルユニットHINOIチームの元メンバーということです。

 

広告業界にいる私でも聞いたことがなく、、、まったく有名ではないですが、ある意味、売名行為のようなところがあるのかもしれないですね。

 

 

小山ひかるに週刊文春が直撃したところによると、

 

『連絡先も交換していないし、ホテルにも一緒に行っていない。事務所の先輩のところで飲んだりはしているけど、2人だけでっていうことはない』

 

というような内容のコメントをしておりました。

 

 

もう1人は、竹内結子似の30代の美容系ライターのA子さんということですが、この方も、週刊文春が直撃したところによると、

 

『20代の頃からの飲み友達。ホテルに泊まったのは記憶にないが、でも、肉体関係は一切ない。』

 

ということで、暗に『ホテルに泊まった』ことは認めるようなコメントをしておりました。

 

 

宮迫本人は、週刊文春の直撃に対して、大笑いして、ギャグでおどけて否定していますが、こういうギャグのような形でごまかそうとする時点で、あやしいですよね。

 

 

 

AV女優とも飲み友達の宮迫は不倫の常習犯?

 

 

同じ高級ホテルで、同じ行動パターンでの密会をしていたということで、おそらく、宮迫は常習犯で、今までもずーっと同じようなことをいろいろな人とやっていた可能性が高いです。

 

ただ、これも非常に脇が甘いと思うのですが、いつも同じホテルで同じ行動パターンだと、必ず目撃者は出てきてしまいますし、噂はたってしまうものです。

 

そもそも、宮迫は、私の知人である元AV女優の大橋〇久さんとも飲み友達でしたし、女性が大好きなのは間違いありません。

 

 

 

有名な「鬼嫁」の奥さんとの離婚はありえる?

 

 

2012年に胃がん手術をした宮迫は、復帰後、「家族や奥さんには本当に感謝しています」とコメントをしていましたし、そのように、病気に負けずに頑張っている姿がファンからも支持されてきたと言われています。

 

それが、今回のようなことがあると、ファンも離れてしまいますが、ここまで証拠が揃っている以上は、隠そうとはせず、すぐにでもテレビの前でしっかりと認めて謝罪をする必要があるのではないでしょうか?

 

今のところ、テレビ局も静観していますが、世の中の批判が高まるにつれて、テレビ局も、宮迫の降板を検討することになってきます。

それは、視聴率が第一のテレビ局にとっては当たり前の考えです。

 

ただ、これによって、離婚とはならないのではいかと思います。

 

宮迫の奥さんは、2歳年上で、元バレリーナですが、
1996年に結婚して、2001年に長男が生まれています。

 

お嫁さんとは、10代の頃から交際していて、一度は別れたものの、数年後に突然電話で「結婚するか、一生会わないか、どっちか選んで」と逆プロポーズされ、押し切られた形で結婚しています。

 

仕事中にも電話がかかってきて、買い物を命令されたり、仕事から帰ると、朝と同じようにソファに横になってテレビを見ていたり、疲れている宮迫に掃除などの家事をやらせ、食事は基本宮迫さんが作ったりと、あまりにも尻にしかれていて、宮迫が可哀想なくらいです。

 

少しくらい、羽目を外させてあげてもいいくらいかもしれませんね・・・。

 

ただ、それでも、宮迫は、2012年の胃ガン手術から復帰した後に、テレビ番組の中で、奥さんに対して、『本当に感謝している』と涙ぐみながらコメントしており、家族への愛情を口にしていました。

 

「鬼嫁」と宮迫がネタにしても怒らないくらいに肝が据わった奥さんなのではないかと予想されます。

 

お笑い芸人は、女好きが多いと言われているので、ほとんど職業病のようなものでもありますし、2011年にも不倫疑惑がありましたし、今回の不倫についても、すでに奥さんには謝り倒して、許してもらっている可能性が高いのではないでしょうか?

 

いずれにしても、今週金曜日(8/11)のフジテレビ『バイキング』に生出演する時に、何を発言するのか、要注目ですね!

 

この記事が参考になりましたら

 

以下のボタンでシェアをお願いいたします!

 

Sponsored Links